回復・成長のプログラム

新 テレフォン・メッセージ

電話で聴ける、体験談や活動案内

テレフォン・メッセージ

留守番応答装置を活用して、24時間・無料で仲間の体験談やNABAの活動案内を聞けるサービスが2016年11月よりスタートします!通話料のみで全国どこからでも利用できます。固定電話でも携帯電話でもOK。もちろんNABAメンバー以外の方も利用できます。

NABAは直接ミーティングに足を運べない仲間たちとも出会い・分かち合いの場をつくることを大切に活動してきました。
 その一環として、かつて、NTTのダイヤルQ2サービスを利用した「NABAテレフォン・メッセージ」(電話で聴ける体験談や専門家のレクチュア)がありました。
 2014年にNTTのQ2サービスが終了した後は、スマホのアプリやネット配信を模索してきましたが、利用できる人が限定されたり、コストや維持管理の問題、また、ネット上で自分の話が拡散されることに不安を感じるという声がありました。

そこで、仲間たちで「いい方法はないか」と知恵を絞り、業務用の電話応答装置を活用して、24時間、誰でも気軽に利用できるサービスをスタートさせることになりました。なんでもインターネットのご時世に、これはNABAならではのものになると自負しています!

月・水・木・金の13時~16時はこれまで通り直接の電話対応をします。ただし、相談・分かち合いの電話が通話中の場合には、1人(1回線分)までメッセージを聴くことができます。また、電話対応以外の時間・曜日には、2人(2回線分)まで同時にメッセージを聴くことができます。
 放送内容は一月ごとに替える予定で、会報やホームページでお知らせしていく予定です。

今月の放送メニュー 【2017年5月】

03-3302-0710

案内にしたがって聞きたい内容の番号を押してください。案内の途中でも操作できます。

番号 お題&メッセンジャー 内容


「NABA活動案内」



NABAの活動案内です。 ①NABAの概要 ②資料請求の手順 ③事務所の所在地 ④ミーティングの日時 ⑤家族・友人・パートナーの自助グループ「やどかり」のご案内 の順番で約8分の案内メッセージが流れます。
 ※このメッセージは毎月変更せず放送します。
 仲間のメッセージ

「メタメタです」

はな NABAメンバー、過食オンリーで恋愛依存でアルコール依存その他
今回、テレフォンメッセージを引き受けたもののロクなことが話せなかったと後悔してます。今、不安神経症の症状のようなものが酷くて、特に自分が加害的だと感じる方に針が触れるか、被害的だと感じる方に針が触れたりするといてもたってもいられなくなる日々です。極端です。過食の症状は今は解離して食べてしまいます。引きこもって人と会いたくなくなることもしばしばです。皆さんと分かち合いたいです。
仲間のメッセージ

「仲間と出会いのひとつ?!テレフォンメッセージ、きいてみて!」

鶴田桃エ NABAメンバー
さみしい・・・!!そんな時、きいてみてほしい「テレフォン・メッセージ」。NABAのモットーは「いいかげんに生きよう」。いいかげんに今できることから人や仲間とつながってほしいココロ、メッセージしてみました。
仲間のメッセージ

「回復と成長のきっかけって?」

なおき NABAメンバー
摂食障害からの回復と成長のきっかけって何だろう、ということを自分の経験からお話します。時間の関係でちょっと早口になってますが、よろしくどうぞ。
inserted by FC2 system